Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Yuma Inaura 稲浦悠馬 | とりとめもないこと

愛すべき Mac Book Air に捧ぐ

食い意地が張っていることの懺悔

食事

f:id:yumainaura:20170318014641p:plain

食品廃棄量が世界一高いこの日本という国で、食べ物を大事にしたいと思う。 外食に行って、人が残しているものがあれば、ぜひ頂きたいと思う。 食べかけのものをいただくわけではない。ただ手付かずのままのものであれば、いただきたい。

だけど恥じらいもなく「それ残ってるなら、ください」というのは、あまりにも意地汚い。 人間としての品性が疑われる。 きっと人も無碍には断らないだろうが、実は密かに、生理的嫌悪感を持たれる危険性がある。 食べ物をくださいと頼んで好感度が下がることがあれど、上がることはないだろう。 たったひとときの胃の満足のためだけに、これはあまりにも危険な賭けだ。

大勢で行く食事ならば「この皿はもう誰も食べないな」というタイミングを常に見計らっている。 誰も食べない皿ならば、自分が全部平らげてやりたい。 最初はちゃんと「一人分の量」は守るけれど、テーブルの空気を読みながら、タイミングをうかがって、なるべく最大の量をいただきたい。 誰も食べないものならば、どうせなら僕が頂きたい。 それも、意地汚く思われずに、スマートにいつの間にか平らげてやりたい。

たとえば会社の懇親会で、他のテーブルに余った、手付かずの肉料理を狙っていたりする。 どうせ食べきれずに捨てられてしまうのならば、美味しい料理を我が胃に収めたいと思う。 それによって、料理も、料理を食べきれなかった人も、自分の胃も救ってやれるのだから、こんな慈善行為はないと思う。 だけど何故か「その余り物をください」と言うのがためらわれる。 宴もたけなわの頃、皆がもう帰りかけた時、さりげなく残されたメインディッシュたちを回収したい。

このようなあさましい行為。 自分では「きっとばれていないだろう」と思っているが、たぶん周りにはバレているんじゃないか。 それが人事評価に響く可能性があるとさえ空想する。 もし僕が逆の立場だったら、たとえどんなにできた人だろうとも、他のテーブルの料理まで虎視眈々と狙うような奴は嫌だ。 言うなれば、明るいスケベではなく、ムッツリスケベ。 情動的犯行ではなく、計画的犯行だ。きっと罪科は重くなる。

だから僕はせめて、食い意地が張っているということを、人に明かせるような人間になりたい。 人の裏をかくように、手付かずの食べ物を掠め取るのではなく、「美味しそうなそれを、わたくしに一品いただけますでしょうか」と、紳士的にお願いできる人になりたい。

僕は明るい食いしん坊になりたい。