いなうらゆうま yUmaiNaURA

kanji is 稲浦悠馬 という 記号の記録 らしい

ヨガスタジオ「スタジオヨギー」に体験に行ってみた

お会計

 

レッスンが終わった時にお会計を請求されて、「えっ」ってなった。

体験申し込みをした時は、お金がかかるようなイメージはなかった。

 

「あ、体験のつもりで来たんです」

「無料の体験というのはやっていないんですよ」

 

店を出た後、改めてウェブサイトを見返してみると「体験でもお金がかかる」ということが、非常に分かりにくい表示になっていた。

これは経営戦略だ。

 

申し込みページなどでは、実際にお金がかかることは分からないよう、曖昧な表示にしておく。

そしてレッスンが終わった時に、

 

「えっ、お金かかるんだ」

「今回だけで1回3000円? 嘘でしょ」

「でも3回使える体験チケットは4500円で買えるんだ」

「それなら4500円の方にしてみよう」

「チケットも買ったことだし、3回ぐらい通ってみようかな」

 

こうやってなし崩し的にスタジオに通い始める、ある意味モチベーターとして動くシステム。

こういう必要悪なんだ、きっと。

 

 しかし消費税を入れるとほぼ5000円。

 

「だまされた」と、後からじわじわ来るダメージと、

スターバックスでいうと10回分ほどのお金が、月初に飛んで行ったのは痛い。

(まあ、月末に飛んで行っても同じように痛いんだろうけど)

 

スマホの家計簿に5000円と記入するのが辛かった。 

いつでもお金のことで辛いのは、自分が納得のいかない使い方をしてしまった時だ。

なので午後の2時間ほどは、そのことが頭をぐるぐると回っていた。

 

(レッスン開始ギリギリに行ったので、事前説明を受けられなかったというのもあるかもしれない。ごめんなさい。。)

 

レッスンについて

 

ところで肝心のヨガのクラスはというと、辛さもあり、学ぶこともあった。

チェーン店なので期待はしていなかったのだけど、ヨガを教える先生は「体の使い方」について、含蓄深いことをおっしゃっていた。

 

「ヨガをした後、強くなった体で、再び座ってみる」

「ヨガは心地良いことだと体に教えていく」

 

というようなことをおっしゃってた。

約90分のレッスンが終わる頃には、日頃は感じにくい爽快さを感じていた。

 

ただ、グループレッスンでは仕方ないことだと思うけど、なかなか難しい面もある。

それは、みんな、一斉に同じリズムで体を動かさなければいけない。

なので、どうしてもヨガというよりは、体操に近いものになってしまうんじゃないだろうか。

 

ヨガの醍醐味はたぶん

「自分のリズムで体を動かして、体の神秘を味わう」って感じだと思うのだけど。

グループレッスンだとそれがどうしてもやりにくい。

ひとりで自分のリズムで、ゆっくり心地よい部分なんか探していたら「え、あの人何?」って感じで、確実に浮いてしまうだろう。

 

こうやってレッスンで習ったポーズを、部屋でひとりでも出来るようになったら、面白いんだろうなと思った。

 

この5000円のもとを取るにはどうしたら良いか、と考えていたりする。

(実際には何かのキャンペーン中で税込み4000円ぐらいだった)

 

その後

 

気になっていた本が置かれていて、内容を確認できたことで500円ぐらい浮いた、と考えてみることにした。

 

f:id:yumainaura:20170902204750p:plain

 

(こんな行動を取っている時点で、まったく悟りなんか開けていないのだが)

 

f:id:yumainaura:20170902204803p:plain

 

全然関係ないけど、この世の中にはもっと高額なサービスもたくさんあるんだ、と思って、自分を慰めることにした。 

 

f:id:yumainaura:20170902205446p:plain

 

特別優待券は人にも譲れるみたいなので、

これで1000円ぐらい浮くと思うことにした。

(タダであげるにしても、友人が得をするということは、自分が得をするということだ)

 

f:id:yumainaura:20170902205039p:plain