Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

スターバックスのホットドリップコーヒー・グランデ・ホイップ乗せ

僕らは日々、無数の選択をおこなっている

僕はスターバックスのホットドリップコーヒー・グランデ・ホイップ乗せを注文する。
これだけでもう、5つの選択をしたということになる。

  1. スターバックス (店舗の選択)
  2. ホット (タイプの選択)
  3. ドリップコーヒー (種類の選択)
  4. グランデ (サイズの選択)
  5. ホイップ乗せ (トッピングの選択)

だが「スターバックスでホットドリップコーヒーのグランデ ホイップ乗せを頼む」という選択をひとつのパッケージにしてしまえば、選択の個数はたったひとつだけで済む。

人間は、こうやって「お気に入り」というものが出来ていくものみたいだ。

f:id:yumainaura:20170504142218p:plain

パッケージの理由

ところで僕がこの組み合わせを選ぶのは、次の理由による。

  • ワンモアコーヒーが可能なドリップコーヒーを選ぶ
  • トールではすぐに飲みきってしまうので、グランデを選ぶ
  • 午後はカフェインを摂らないようにしているので、デカフェにする
    • 午前であれば普通のドリップコーヒーを注文する
  • スターバックスデカフェはやや苦いので、ホイップを追加する
    • 味をまろやかにするならミルクでもよいのだが、今時分が糖質制限中なので、より糖質の少ないホイップを選んでいる
    • このホイップを最初、一口だけ口に運び、あとは温かいコーヒーに溶かして飲むという手順を取る

スタバファンにとっては当たり前なのだろうけれど、自分好みのカスタマイズを決めていくというのは、なんとも楽しい経験である。

レジでの注文

ちなみに、そろそろこのパッケージが自分のお気に入りに決まってきたのだが、まだ長い名前をレジで言うのは慣れない。

それに、いかにも慣れた早口で注文するのも、なんだか優雅じゃないし。
スタバ初心者から中級者にさしかかったユーザーのように、いつまでもたどたどしく伝えてみたい。

スタバの接客力は世界一

ところで、デカフェのコーヒーは出来上がるまでに5分から10分ほどかかるので、店員さんが席まで持ってきてくれることが多い。

こうやってブログを書いている間にコーヒーが運ばれてきたので、僕はさっとブラウザのタブを閉じた。

そして店員さんは、聞き取りやすい、ちょうど良いボリュームの声で、喋る視線を合わせて目を見ながら話しかけてくれる。

(そしてブログの続きを書く)

スタバの店員さんの接客は、つくづく日本一だなと感じる。

という、とりとめのない話。