Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

神に言いたいことがある。僕は土日祝に反対します。[休息日 有害説]

サザエさんは愉快なのか?

これはなぜ起こるのか。

なぜ金曜の夜は楽しくて。 なぜ日曜の夜は憂鬱なのか。

すべての根源は「土日という曜日が存在するから」だ。 これが一番の原因であり、有害の根源だ。

大いなる誤解

みんな「月火水木金は頑張って働く」「土日にそれを癒やす」というような価値観を、当たり前のように持っているはずだ。 たとえ平日が休みの人でも、1週間の中に安息日があることに変わりはないだろう。

だがここで問いたい。 「安息日に本当に安息できていますか?」

ほめ おすた しす

人間は恒常性というものを持っている。動物だからだ。 恒常性というのは「ひとつの状態」を保とうとするパワーのことだ。

だから人間は変化に弱い。 「状態を変えること」にストレスを感じる生き物だ。

だから日曜日から月曜日への「変化」がストレスになる。

お湯を冷ますな

日曜日に月曜日が憂鬱になってしまうのは。 お湯が冷めてしまうからだ。

せっかく月曜日から少しずつお湯を温めて「ええ塩梅」になっているのに。 突如として火は消される。お湯は冷め、水に変わる。

月曜日からはまたエネルギーをかけて水を「温め直さなければ」いけない。

もしくは。いい調子で回っているエンジンを急に止めるような。

そして日本の会社は、気楽に休日出勤ができるようになっていない。 ワークスタイルの問題で「土日にも働きたい」と思っても、それを許してくれる社会形態ではないのだ。 いや、そもそも海外も、どうか知らないけれど。

これは日本全体。世界全体の大きな損失であると考える。

土日があるから無理をする

あなたはこう思っているかもしれない。 休日があるから体を休められる。

けれど逆に考えてみよう。 休日があるからこそ、平日に無理をしていないか? たとえば「金曜日なら、少しぐらい頑張りすぎても良い」という働き方をしていないか。

これはまったく体に有害でしかない。

「金曜日という締め日」があるから。それに 休日があるから平日に無理をして働いて。それを休日に癒やす。そして日曜日には憂鬱を感じる。

これはまったく本末転倒としか言いようがない。

もし世界から休日がなくなったら

人は毎日のコンディションを整えるようになる。 つまり「今日が月曜日だから」「今日が火曜日だから」とかいうことを考えずに。

毎日継続的にコンディションをキープできるような。 安定した働き方をせざるをえなくなる。

だって「安息日」はやって来ないのだから。 毎日仕事をしながら、その中に「安息」を取り入れたり。

そもそも疲れないような働き方を、自然とするようになる。

土日は要領が悪い人の挽回のチャンス

土日に働けるところの良い点は。 要領が悪い人でも挽回のチャンスを与えられることだ。

仕事で成果を出せていないなら。 その分だけ、他の人より時間をかけて業務をおこなうという「権利」があっても良い。

誰もが「業務時間内に収める働き方」をしなければいけないということはない。

休日出勤をすると逆に疲れない理由

実はやり方によっては、残業や休日出勤は、むしろ普通に働くよりも疲れない。 仕事をする上で一番疲れるのは、根を詰めてやること。あと焦っている時だ。

12時間、心に余裕を持って働くよりも。 30分、焦りながら働くほうが、ずっと疲れる。

あなたもきっと人生の中で「短時間なのにどっと疲れた」という経験をしたことがあるだろう。 それと同じような感じだ。

けれど自由に残業をして良い、自由に休日出勤をして良いとなれば。 心に余裕が生まれ、リラックスしながら仕事をすることができる。

本当に仕事はスピード感覚が大事なのか?

スピードが大事だという本はたくさん出ている。 時間術

だけどもっと「ゆっくり」とした働き方が許されても良いと思う。 これは切実にそう感じる。

他の人よりも時間をかけて。心に余裕を持ちながら仕事をする。 そういうワークスタイルがあっても良いじゃないか。なぜみんな同じように「スピード」というゲームに乗らなければいけないのか。

これがゲームだとしたら。最速で敵を倒しても。 ゆっくり経験値をためながらプレイしても。 最終的にクリアできるのならば、どんな方法を使っても良いじゃないか。

あとはもうひとつ。時間をかけるといっても手を抜くわけではなくて。 あくまでもまじめに仕事はするのだが。「根を詰めるようなスピード」は出さないということだ。

だがしかし。

僕は、すべての人が「土日なし」の働き方をすべきだと思うわけではない。 人によってワークスタイル、体質、生活は違うからだ。

繰り返しになるが「土日なし」のワークスタイルが許されても良い。 そして、みんなが思っているよりも「土日」が。そして「曜日」という概念が有害であることは改めて主張しておきたい。

最後に

土曜日。今日も働きたかった。