いなうらゆうま yUmaiNaURA

kanji is 稲浦悠馬 という 記号の記録 らしい

全てのホテルからテレビをなくせ

なぜホテルには、テレビが置かれているんだろうか。

それは、退屈を紛らわせるようにだろう。

だけどビジネスホテルならいざ知らず、レジャーホテルにも必ずテレビが置かれている。
「体験」を大事にしているはずの、ディズニーの公式ホテルにさえテレビがある。

これって馬鹿らしいと、誰も考えないんだろうか。

僕らは「ホテルにはテレビがあって当たり前」という常識に縛られているんじゃないだろうか。

綺麗な調度品ばかりのホテルにも

f:id:yumainaura:20170522132925p:plain

なぜかテレビが置かれている

f:id:yumainaura:20170522130536p:plain

テレビより体験が重要

「テレビを見たくないなら、スイッチを入れなければ良い」

そう考えた人がいるなら、まさに正論だ。

だけど人間の行動というものは、そう簡単なロジックでは決まらない。

これが、自分ひとりだけの話ならまだ良い。

だけど、たとえば4人連れでホテルに泊まったとする。 その中の1人が、テレビが大好きな人だったとする。

そうすれば、必ず「とりあえず、テレビのスイッチを入れておこう」という行動を取るだろう。
ひとりがテレビのスイッチを入れれば、自動的に4人の注意がテレビに向いてしまうことになる。

テレビが付いていて、なおかつそれを無視し続けられる人は、なかなかいない。
そうすると、全員分の体験が変わってしまうことになる。

宿泊も体験

テレビを付けるか付けないかなんて、些細な問題だと思うだろうか。
僕はそうは考えない。

たとえば旅行をしたら、ホテルに泊まるのだって、旅行という体験のひとつだと考える。

僕らはなんのために旅行をして、なんのために「体験」をしにいくんだろうか。
それは決して、テレビを見て過ごすためではないはずだ。

テレビは体験を汚すツール

ちょっと例えを変えてみよう。

たとえば、

  • パレードの横で、バラエティ番組が放映されているディズニーランド
  • 山頂で犯罪のニュースが流れている富士山
  • 野球の試合が放映されているスターバックス

あなたは果たして、そんな場所に行きたいと思うだろうか? 僕は行きたくない。

テレビの有無が行動を変える

逆に、客室にテレビが存在しなければ、人はどういう行動を取るようになるだろうか。

  • 夜は、お互いの話に注意を向けながら、語り合う
  • ホテルにあるカフェやバーに出かけてみる
  • 早く寝て、次の朝は早く起きて、外を歩く

「テレビがない空白」によって、別の行動を取るようになる可能性は高い。

テレビは要らない

体験を大事にする人にとっては、ホテルにテレビは要らない。
観光業界は、客室からテレビを撲滅する運動を始めるべきではないかと思う。

今の時代、たとえテレビがなくても、各自がスマホをいじり始めたら、同じかもしれない。
だけどテレビは「常に部屋を専有して、注意力を奪い続けるツール」なので、その破壊力が高いと思う。

全てのホテルからテレビをなくせ。