Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Yuma Inaura 稲浦悠馬 | とりとめもないこと

愛すべき Mac Book Air に捧ぐ

マインドフルネスで1日数千回の思考に気づけるようになる

人は1日に数千回以上も思考するという。

心をよく観察してみると、確かに当たっている。

 

自己啓発で「思考を変えるのが大事」というけれど、これは確かだ。

しかしたとえば1日に9000回思考するとして、そのうちの100回の思考を変えても意味がない。  

残りの8900回の思考に圧倒されてしまうからだ。

 

だからまずは、思考を変えるのではなくて。

絶えず生まれてくる自分の思考を観察して、気づけるようになる必要がある。

この手法として優れているのがマインドフルネスの注意力の訓練だ。