Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Yuma Inaura 稲浦悠馬 | とりとめもないこと

愛すべき Mac Book Air に捧ぐ

食い意地が張っていることの懺悔

食事

f:id:yumainaura:20170318014641p:plain

食品廃棄量が世界一高いこの日本という国で、食べ物を大事にしたいと思う。 外食に行って、人が残しているものがあれば、ぜひ頂きたいと思う。 食べかけのものをいただくわけではない。ただ手付かずのままのものであれば、いただきたい。

だけど恥じらいもなく「それ残ってるなら、ください」というのは、あまりにも意地汚い。 人間としての品性が疑われる。 きっと人も無碍には断らないだろうが、実は密かに、生理的嫌悪感を持たれる危険性がある。 食べ物をくださいと頼んで好感度が下がることがあれど、上がることはないだろう。 たったひとときの胃の満足のためだけに、これはあまりにも危険な賭けだ。

大勢で行く食事ならば「この皿はもう誰も食べないな」というタイミングを常に見計らっている。 誰も食べない皿ならば、自分が全部平らげてやりたい。 最初はちゃんと「一人分の量」は守るけれど、テーブルの空気を読みながら、タイミングをうかがって、なるべく最大の量をいただきたい。 誰も食べないものならば、どうせなら僕が頂きたい。 それも、意地汚く思われずに、スマートにいつの間にか平らげてやりたい。

たとえば会社の懇親会で、他のテーブルに余った、手付かずの肉料理を狙っていたりする。 どうせ食べきれずに捨てられてしまうのならば、美味しい料理を我が胃に収めたいと思う。 それによって、料理も、料理を食べきれなかった人も、自分の胃も救ってやれるのだから、こんな慈善行為はないと思う。 だけど何故か「その余り物をください」と言うのがためらわれる。 宴もたけなわの頃、皆がもう帰りかけた時、さりげなく残されたメインディッシュたちを回収したい。

このようなあさましい行為。 自分では「きっとばれていないだろう」と思っているが、たぶん周りにはバレているんじゃないか。 それが人事評価に響く可能性があるとさえ空想する。 もし僕が逆の立場だったら、たとえどんなにできた人だろうとも、他のテーブルの料理まで虎視眈々と狙うような奴は嫌だ。 言うなれば、明るいスケベではなく、ムッツリスケベ。 情動的犯行ではなく、計画的犯行だ。きっと罪科は重くなる。

だから僕はせめて、食い意地が張っているということを、人に明かせるような人間になりたい。 人の裏をかくように、手付かずの食べ物を掠め取るのではなく、「美味しそうなそれを、わたくしに一品いただけますでしょうか」と、紳士的にお願いできる人になりたい。

僕は明るい食いしん坊になりたい。

部屋のスペースが空いて感じたメリット

ミニマリズム

のひとつ。

筋トレをしやすくなった。 朝起きたら「腕立て伏せをしよう」って気持ちが起こる。 なぜなら、それが出来るスペースが空いているから。

最初は、スペースが空いたままなのは、家賃的にもったいない気がしていた

  • 「スペースがあるなら、何か新しい物を置きたい」
  • 「スペースが空いているから、もっと小さな部屋に引っ越したい」
  • 「このスペースのために、毎月数千円を払うのは贅沢だ」

とか思っていたけれど。 「スペースが空いていること自体に価値がある」っていうことを理解し始めた。

全てのスペースを活用しなくても良いのだ。 スペースが空いていること自体が、ものすごく優れた活用方法なのだ。

「CHEESE CRAFT WORKS & GRILL 茶屋町店」でひとりシュラスコしてきた

外食

念願だった、ひとりシュラスコに行ってきた! 以前、大阪駅近くの「バルバッコア」に行って感動したので、いちどやってみたかったのだ。

今月、新装開店したらしい。 90分制、食べ放題、3000円だ。

この店はメニューは少ないがアクセスは良い。 梅田界隈では、専門店はここぐらい?

f:id:yumainaura:20170312173308p:plain

f:id:yumainaura:20170312173342p:plain

階段を登る。楽しみ。

f:id:yumainaura:20170312173400p:plain

四人席に通された。

一人で占拠するのは、なんか店に悪いかな、、、と思ったけど。 店内は広く、他にも席が空いていて安心した。

f:id:yumainaura:20170312173441p:plain

お手洗いどちらですか? と聞いたら 「黄色いブタさんの横です」と返ってきた。 さんづけかわいい。

f:id:yumainaura:20170312173547p:plain

奥の方には小洒落た席があった。

f:id:yumainaura:20170312173559p:plain

f:id:yumainaura:20170312173625p:plain

サラダビュッフェは至って普通な感じ。 (シュラスコさえ美味ければ良い)

f:id:yumainaura:20170312174051p:plain

ドリンクも至って普通。 (シュラスコさえ上手ければそれで満足だ)

「どれが何の飲み物」って書いてないから、烏龍茶っぽいやつを注ぐ。

f:id:yumainaura:20170312174102p:plain

メニュー。まずは全品がテーブルに回ってきて、それが終わったら自由にオーダーできるらしい。 (食べたくないものは、断ることも出来る)

f:id:yumainaura:20170312174153p:plain

今日の目的はあくまでシュラスコなので、サラダビュッフェは控えめにする。

f:id:yumainaura:20170312174316p:plain

タレは三種類。 左から柚子酢のタレ、マスタード風味のタレ、和風の甘いタレ。

f:id:yumainaura:20170312174327p:plain

だがやっぱり肉はシンプルに塩をつけて食べたい。 店員さんに塩をもらった。 (固まっていて何も出てこなかったので、いちど取り替えてもらった)

f:id:yumainaura:20170312174429p:plain

ウィンナー、ローストチキンがやってくる。 とりあえず食べてみる。普通の味だが、シュラスコさえ美味ければいい。

f:id:yumainaura:20170312174534p:plain

ところでこの店のランチは、色とりどりの部位が食べられるわけではなく、シュラスコといえばピッカーニャぐらい。 だけど結局ピッカーニャが一番美味いので、そこさえ外さなければ問題ない。

ピッカーニャ

だが、なんとなく「これ、昨日焼いたの?」って感じがする。。。 熱々ホクホク感がない。早い時間に入りすぎたか、それともただの偶然だろうか。 (シュラスコは部位によって当たりハズレが大きいから、仕方ないかもしれない)

f:id:yumainaura:20170312174547p:plain

ペッパーステーキ! ものすごく噛みごたえがある。味は良い。

f:id:yumainaura:20170312174850p:plain

豚バラ! これも美味い。 だがやはりなんとなく「昨日作ったの?」って感じが少しする。。 (ちなみに個人的には、メニューはピッカーニャとこの豚バラだけでも満足だ。美味ければ)

f:id:yumainaura:20170312175009p:plain

ローストポテトとリングイカは断った。 次に来たのは、焼きチーズだ!

なんか。。。。イメージと。。。違う。。。。

雪印のチーズをチンしたみたいな。そんな感じ。

嘘みたいだろ。。。ここ。。チーズ専門店なんだぜ。。。。。。

かなりの衝撃だった。

f:id:yumainaura:20170312175201p:plain

次に、グリルオニオン。 これは外れるはずがない。美味い。

ただシュラスコ切りのシェフ(?)の人が、切るのに失敗して、微妙に笑いながら去っていった。 (包丁を上向きにして、そこに玉ねぎを乗せて、重力を使って切る、みたいな技なのだ)

f:id:yumainaura:20170312175342p:plain

そして全メニューが終了。 だが店員さんから「ここからはオーダー自由です」という合図はなかった。 (隣の席の人には伝えていたのを聞いた)

5分経っても何もないので、自ら「もう頼んでもいい感じですか?」と言って、ピッカーニャを注文する。

「何枚ぐらいですか?」と聞かれたので「4枚ほど」と答える この店では枚数を聞くシステムらしい。(なんでだろう)

だが待つこと20分。。。いつまで経ってもピッカーニャは来ない。

仕方がないので kindle を読んで過ごす。

f:id:yumainaura:20170312175701p:plain

英語を勉強しようとするがまったく頭に入ってこない。

f:id:yumainaura:20170312175703p:plain

もうあの衝撃の焼きチーズから30分は経過している。。 さすがにオーダーミスだと理解し始め、店員さんに再度お願いする。

その五分後にピッカーニャ到着。

いや、いいんだけど。。 確かに4枚あるんだけど、グラデーションで小さくなっているというか。。 脂身のない部位になっていってるというか。。

(自分が瞬時に「裏側の脂の乗った部位もよろしく!」とか言えば良かったんだけど)

脂の乗ったところは美味かった。

f:id:yumainaura:20170312180154p:plain

ただその内1枚がこれというのは。。。シュラスコっぽくないなあ。

f:id:yumainaura:20170312180354p:plain

さらに豚バラを頼むと、10分後に到着! これは文句なしに美味い。熱々でホクホクだ。

f:id:yumainaura:20170312180453p:plain

さらにピッカーニャを注文! だがこれも、来たのは20分後だった。

そして、なんだこれは。。。ケシズミか。。。?

f:id:yumainaura:20170312180521p:plain

と思ったが、これが美味いんだった。脂が乗っていて最高。

f:id:yumainaura:20170312180552p:plain

見かけでシュラスコを判断してはいけないと反省した。

あと1オーダーしたかったのだけど、次のひとり映画の時間が迫っている。 というかもう30分は過ぎている。

90分制のはずだが、2時間でオーダーできたのはようやく3回だ。 (時間きっちりで追い出されなかっただけ良かった)

新装開店したばかりだし、地価の高そうな地域だし、店も色々大変なのかなあ。。。。と思った。 (ピッカーニャばかり食べる僕のような客ばかりでは、たぶんやっていられないだろう)

しかし食べ放題とは言っても、1オーダーに20分もかかるので、とにかく軽いストレスとの戦いであった。 そして、時間が迫っていたので完全な満腹にはなれなかった。

お店の責任者らしき人には「今日はお忙しかったんですか?」「1オーダーに20分かかっていたこと」ということを小声で丁重に、少しどもりながらお伝えしておいた。 もう少しだけ肉がホクホクで、すぐに出てきてくれたら、また来たい店なんだけど。。。

そして、映画には、遅れた!

f:id:yumainaura:20170312173322p:plain

VS バルバッコア

梅田バルバッコアはここより1000円高いけど

  • 全ての肉が熱々ホクホクだ
  • これでもかとばかりに、次々と肉を持ってきてくれる
  • ビュッフェが充実していて、美味いチーズもある
  • デザートもついている

ということで、ランチに4000出す覚悟があるなら、そっちに行ったほうが満足できるかもなあ。

エネルギーの多い人、少ない人

最近思うことは、1日に出来ることはものすごく少ない。 自分が思い描くよりも、1/10ぐらいのことしか出来ない。

だから僕は、そこに関しては諦めることにした。

「何か良いやり方をすれば、もっと1日を有意義に過ごせるんじゃないだろうか」 「自分のやり方が間違っているから、思うことを全て出来ないんじゃないだろうか」

そんな考えを捨てて、自分の時間やエネルギーを、とても儚いものとして扱うことにした。

思うに人間には、エネルギーがたくさんある人と、ちょっとしかない人がいる。 エネルギーがたくさんある人は、1日に無限のことが出来る。 エネルギーが少ない人は、1日に出来ることはほんの少しだ。 人の10倍も活動できる人もいるし、人の1/10しか活動できない人もいる。

これが真実かどうかは分からない。たぶん、真実ではないかもしれない。 だけど僕はそう考えた方が納得がいくので、今はこの考え方を採用している。

自分の場合、そもそも毎日の睡眠時間が長いという問題がある。 9時間か10時間ぐらい寝て、ようやく満足する。 今まで何度となく睡眠時間を縮めようと挑戦をしたが、そのたび、反動を受けて、結局は平均9時間ほどの睡眠に落ち着くのだった。

僕にとって睡眠は切実に必要なものだ。 ということが、最近ようやく理解できてきた。 だから僕は睡眠時間を縮めようという抵抗をやめることにした。

だから、僕が持っている時間は人よりも短い。

自分が「10のことが出来る」と思ったら、それは「1のことが出来る」という意味なのだ。 「10のことをやり遂げたい」と思ったら、それは「1のこと」に絞った方が良い。

だけど、仮に人よりエネルギーが10倍少ないとしても、幸せも10倍少ないというわけじゃない。 なぜなら、たとえ100のことを全てやり遂げても、100のの幸せを手に入れられるわけじゃない。

たぶん人生に本当に必要なものは、僕たちが思うよりもずっと少なくて、10%の本質に集中さえできれば良いのだから。

「名もなき街にたどり着いた」って歌詞

たまにあるけど。

ぜったいその街、本当は名前あるって。 ちょっと人に聞けば分かるから。

だって絶対、自分たちの街って愛着あるじゃん。 「柏木町」とか「南町」とか、絶対名前がついてると思う。

Enterするショートカットキーは共通規格にしてほしい

もしくは設定で柔軟に変えられるようにしてほしい。 アプリごとに「どれの操作がエンターだっけ」っていちいち分からなくなる。

Twitter本家

Ctrl+Enterで送信

f:id:yumainaura:20170312073953p:plain

Twitter Chrome 拡張

Tabキー => Enter で送信 (ショートカットなし) f:id:yumainaura:20170312074042p:plain

はてなブックマーク Chrome 拡張

Shift+Enter で送信

f:id:yumainaura:20170312074138p:plain

Slack

  • Ctrl+Enter で改行
  • Enter で送信

だったような。

Skype

忘れた。

ミニマリズム | 窓。広い視界。

ミニマリズム

ようやく部屋もシンプルになってきた。

最初は「物がなくなって寂しい」という感覚があったけれど。 それは単に人間が、得たものより失ったものを意識してしまうからじゃないだろうか。

最近は、窓に向かって朝を迎える。広い視界。 余計なものは何もない。とてもすがすがしい気分だ。

物を失って、体験を手に入れた。

f:id:yumainaura:20170312064634p:plain

目に見えるものが変わると、気分や体験も変わる。 たとえば、どこかに旅行をして、広大な景色を見た時は、もちろん気分は変わる。 だけど「自分の部屋」にいる時は、それを意識してなかったんだなあと思った。

そういえば、こんな実験をしたことがあった。 自分の部屋で、窓の方向に目を向ける。 次に、雑然とした一角に目を向ける。 たったこの一瞬だけで、本当に自分の気分が変わってしまうのだ。 ふだん自分の想像以上に「目に見える物」に、意識とか、気分は左右されているんだなと思った。 (自分の場合は「気にしやすい性格」なので、特に影響があるかもしれない)

僕は自分の部屋でも、綺麗な景色を見ておきたい。