僕はコンビニでレシートを断わることにした理由。その意外な効用とは。

僕はレシートが嫌いだ。
コンビニのレジ横に設置されているレシート入れを使うことさえ、わずらわしい。

 

あの小さな箱の中に、するっと滑り込ませなければいけない。

1秒の遅れでもとれば、目の前の店員さんに、怪訝な顔をされることは請け合いだ。

なおさら、後ろに行列が出来ている場合なんかは、なかなか余裕がない。

他のレシートでいっぱいに溢れていることもある。

「うまく滑り込ませよう」と思えば思うほど、集中力を使ってしまう。そんなのは嫌だ。

 

ところで、僕はコンビニによく行く。

ホットスナックやチロルチョコを買いに行くために。

1日に5回は使っていると思う。

 

つまりそれは、レシートを処理しなければいけない機会が、1日に5回はあるということだ。

これを1年間に直すと、1825回になる。(うるう年は計算に入れない)

 

このオペレーションは何度も繰り返される。
よりフレキシブルにコンビニを使うために、オペレーションの手順はひとつでも少ないほうが良い。

たとえばウェブサイトでは主要コンテンツを、1クリックで行ける場所に配置するように。

 

この話を「馬鹿らしい」と思うとしたら、それは人間の行動心理が分かっていないせいだ。

ひとつのオペレーションが変わるだけでも、人間の意識への働きかけが変わり、それはつまり、行動の仕方が変わるということだ。

たぶんコンビニやスーパーのマーケティング部門の人なんかは、このことを熟知しているだろう。

 

だから最近は、言葉に出してレシートを断わるようにしている。

お会計の途中、店員さんがレシートを手にとっているのを確認したら、なるべく丁寧に、好意的になるよう気をつけながら、声に出して言ってみるのだ。

 

「あ、レシートはけっこうです」

 

って。

 

(レシートを渡さない派の店員さんもいるので、その場合は何も言わない)

 

最初は「わざわざ、そこまで言うのはコストが高くない?」と思っていた。

だけど、これが案外良い塩梅だ。

 

何も言わずに、レシートを渡されてショックを受けることの方が、ずっとコストが高い。

たとえば「チロルチョコ1個買っただけなのに、レシート要らないから!」と心の中で叫ぶよりも良い。

 

さらに分かったことが、あとひとつ。

 

こんな些細なセリフでも、店員さんとちょっとした会話を交わしたことになる。

そのせいか、心を少しだけホッコリさせてくれる効用があるみたいだ。

人間の声と声のコミュニケーションだからだろうか。

 

ということで、僕はレシートを断わるようにした。

 

 

 

 

ブログのインターフェイスに完全なものは存在しない

つくづく、ブログにも完全なものはないのだと感じる。


たとえば、海外サービスのMediumは、Ipadからすごく書きやすい。

だけどPCから日本語の記事は書きにくいことに気付いた。

 

なんというか、文字の打ち込みはカクカクしているし、キーボードで上下左右にも移動しづらい。
フォントも大きすぎるし、見出しも簡単につけられず、リスト表示も使えない。(たぶん)

PCから英語の記事を書くときや、タブレットから日本語記事を書く時は、ちょうど良い塩梅なのだけど。

 

逆にはてなブログは、とても iPadiPhone から書けるようなインターフェイスではない。

だけどPCからだと、日本語での長文が打ち込みやすいインターフェイスだ。

 

ブログを書く時に大事なのは「最も書きやすいインターフェイスで書く」ことではないかと思った。

だから、入力装置に合わせて使うサービスを変えてみるのも良いかもしれない。

「家でブログを書く時は、はてなブログを使う」とか「出先でiPadを使ってブログを書く時は、Meiumを使う」とか。

 

本当にインターフェイスというものは、ちょっとした差異によって、コンテンツをまるで変えてしまうぐらいの威力を持っている。
これが、いつも不思議で仕方ないのだけど。

 

たぶん人間の意識や集中力というものが、本当に些細なことで、影響を受けやすいということなんだろう。
「ああ、なんかキーボードの打ち込みがカクカクしてるな」という感覚があれば、コンテンツを書くことよりも、そのカクカクとした動作に意識が奪われてしまう。

人間は人間である前に動物だから、特に「動き」には意識をとられるように作られているのだ。

 

だからこそ、人間の集中力を奪わず、純度の高い形で残してくれるインターフェイスが希少なのだ。

 

人間関係が長続きしないための10のコツ

僕は本当に面倒くさがりだ。

「ひとりでも生きてゆけそう」と、よく言われる。

あるいは、それに類似した言葉をよく。

 

そのせいか、恋愛関係も、友人関係も、なかなか長続きしてこなかった。

 

少しの問題でも生じれば、それを解決しようとする前に、逃げてしまう。
基本的に人には優しいはずなのに、同時に人を見る目が厳しくて、なにかと欠点が目についてしまう。

そして「こいつとはもう付き合えない」と判断したら、全速力でそこから遠ざかる。

 

もし「人間関係が長続きしないための10のコツ」なんて本があるとしたら、それをすべて実践しているような感じじゃないだろうか。

 

 

  • 人と過ごすよりも、自分ひとりの時間を大事にする。
  • そもそも人間関係に対する情熱が薄い。
  • 人の欠点を見つける能力が高い。もしくは、人の欠点に耐えきれない。
  • LINEやメールの返信がすごく遅い。
  • 人間関係で生じる問題を解決しようとしない。
  • 人間関係に潔白を求めがち。打算が出来ない。
  • 会社で友人関係を作ろうとしない。
  • 感情表現が下手で、常に冷静を保とうとする。
  • 自分一人でも生きて行けると思っている。
  • (あと1箇条、誰か考えてください)

 

 

来る者拒んで、去る者追わず。

 

だから、僕の周りにいてくれる人間は、本当にほんの一握りだ。

だからこそ逆に、ずっと関係が続いている人は、特別な存在だと思うけれど。

 

人生のキャリアを真剣に考えるようになった

10年間、完全に1人で出来る仕事をしていた。

会社勤めというものを始めてからは、もう2年半経つ。

 

石の上にも三年というが、そろそろ僕も、人生のキャリアというものを真剣に考え始めている。

これは自分の年齢を考えれば遅すぎるタイミングかもしれないけれど、

会社勤め2年半という軸で考えれば、悪くない時期なのではないかとも思う。

 

今までの人生では、キャリアというものへの関心が非常位薄かった。

キャリアに対して全くモチベーションを感じることが出来なかった。

「もしキャリアに情熱を感じられたら、さらに仕事に対して熱意を注げるはず」

そう思いながら、なかなかそんな気持ちはなれなかった。

どちらかと言えば「人間、いつ死ぬか分からない」という、厭世的な考え方をするタイプだった。

 

けれど最近では、キャリアに関する考えが、たびたび頭をもたげてくる。

この先の人生の進路を、考えざるを得ないと感じている。

人間の心というものは、問題意識を少しずつ熟成させる。

それがある程度の時期を経て、急に意識のバックグラウンドから、フォアグラウンドへと踊りだすタイミングがあるのだ。

 

「なぜ、今まで考えていなかったのだろう?」という考えが、ある時、急に心の上で、リアリティを持って回り出す時がある。

 

きっと、これは良い傾向だ。

自分の人生に対して、ポジティブになり始めている証拠だと思うからだ。

人生に希望があるからこそ、時には不満も起こるし、満足を追い求めようとする。

 

悩みは常に、薬だ。

小さなレベルではマイナスに働くが、より大きなレベルではプラスとして機能させることが出来る。

 

今後10年、20年、30年と、エンジニアとして働いて行ける、強力な基盤を作っておきたい。

人生に対して自暴自棄にもならず、希望も捨てずに、この「樹」を温かく見守りながら、育てていきたい。

 

たとえこれが、他の人と比べて遅い気付きだったとしても、常に「今始める」のが最良のタイミングのはずだ。

 

 

 

f:id:yumainaura:20180127033940p:plain

ブログを書いているとあっという間に時間が経つのは、フロー状態に入っているからだと気付いた

書きたいと思ったことの一部しか書けないし、他のことをする時間が減ってしまうし、ちょっとした悩みだったのだけど。

これは逆に良いことだったのだ。

 

他の何をしているときより、ブログを書いている時は、時間の流れが早い気がする。

 

ということは、僕はブログを書くことがかなり気に入っている、ということになる。

ただブログを書いた後は、なんとなく落ち着かない気分になることもある。

雑然とした気分になることもあるので、自分が「ブログが心から好きだ」という認識はしていなかった。

 

だけどこれは、アウトプットは技術を要求されるからじゃないだろうか。

単に読書などのインプット作業より、難易度が高いというだけの話なのかもしれない、と思い至った。

つまり、適切な難易度設定が出来て、適度な距離感さえ身につければ、ブログは一生涯楽しめる趣味になるはずだ。

 

僕もアウトプットとの付き合い方を、改めて考える時期なのかもしれない。

 

電子機器は人間の外部拡張だ

つまり、電子機器を扱えるようになるということは、人間の本質に向き合い、能力を伸ばすということ。

 

僕はノートPCをもっと手足のように扱えるようになりたい。

電子機器によって、もっと人間の本質に近づきたい。

 

バイスと遊ぶとき、僕らは非人間的な技能を身につけているわけではない。

そもそも僕らの体だって、脳に対しては、外部拡張の一つのバリエーションに過ぎない。

 

ということは、スチールで出来た電子機器を身体のように愛しても、何ら不思議はないわけだ。

 

f:id:yumainaura:20180123085615p:plain

 

( あなたの脳のはなし:神経科学者が解き明かす意識の謎 )