Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

全てのホテルからテレビをなくしたい

なぜホテルには、テレビが置かれているんだろうか。

それは、退屈を紛らわせるようにだろう。

だけどビジネスホテルならいざ知らず、レジャーホテルにも必ずテレビが置かれている。
「体験」を大事にしているはずの、ディズニーの公式ホテルにさえテレビがある。

これって馬鹿らしいと、誰も考えないんだろうか。

僕らは「ホテルにはテレビがあって当たり前」という常識に縛られているんじゃないだろうか。

綺麗な調度品ばかりのホテルにも

f:id:yumainaura:20170522132925p:plain

なぜかテレビが置かれている

f:id:yumainaura:20170522130536p:plain

テレビより体験が重要

「テレビを見たくないなら、スイッチを入れなければ良い」

そう考えた人がいるなら、まさに正論だ。

だけど人間の行動というものは、そう簡単なロジックでは決まらない。

これが、自分ひとりだけの話ならまだ良い。

だけど、たとえば4人連れでホテルに泊まったとする。 その中の1人が、テレビが大好きな人だったとする。

そうすれば、必ず「とりあえず、テレビのスイッチを入れておこう」という行動を取るだろう。
ひとりがテレビのスイッチを入れれば、自動的に4人の注意がテレビに向いてしまうことになる。

テレビが付いていて、なおかつそれを無視し続けられる人は、なかなかいない。
そうすると、全員分の体験が変わってしまうことになる。

宿泊も体験

テレビを付けるか付けないかなんて、些細な問題だと思うだろうか。
僕はそうは考えない。

たとえば旅行をしたら、ホテルに泊まるのだって、旅行という体験のひとつだと考える。

僕らはなんのために旅行をして、なんのために「体験」をしにいくんだろうか。
それは決して、テレビを見て過ごすためではないはずだ。

テレビは体験を汚すツール

ちょっと例えを変えてみよう。

たとえば、

  • パレードの横で、バラエティ番組が放映されているディズニーランド
  • 山頂で犯罪のニュースが流れている富士山
  • 野球の試合が放映されているスターバックス

あなたは果たして、そんな場所に行きたいと思うだろうか? 僕は行きたくない。

テレビの有無が行動を変える

逆に、客室にテレビが存在しなければ、人はどういう行動を取るようになるだろうか。

  • 夜は、お互いの話に注意を向けながら、語り合う
  • ホテルにあるカフェやバーに出かけてみる
  • 早く寝て、次の朝は早く起きて、外を歩く

「テレビがない空白」によって、別の行動を取るようになる可能性は高い。

テレビは要らない

体験を大事にする人にとっては、ホテルにテレビは要らない。
観光業界は、客室からテレビを撲滅する運動を始めるべきではないかと思う。

今の時代、たとえテレビがなくても、各自がスマホをいじり始めたら、同じかもしれない。
だけどテレビは「常に部屋を専有して、注意力を奪い続けるツール」なので、その破壊力が高いと思う。

全てのホテルからテレビをなくせ。

美食とは何か | 志摩地中海村 「地中海レストラン RIAS」 の思い出

坂の下、海のふもとに

その店はあった。

f:id:yumainaura:20170521054741j:plain

夕陽が照りつける席だった

ポールスターも3倍美味く感じられる。

田舎者はこんな風に、写真を撮りながら料理を味わった。

f:id:yumainaura:20170521054610j:plain

メニュー

f:id:yumainaura:20170521054929j:plain

前菜

f:id:yumainaura:20170521055445j:plain

オードブル

f:id:yumainaura:20170521054515j:plain

スープ

f:id:yumainaura:20170521065300j:plain

海のメインディッシュ

f:id:yumainaura:20170521060200j:plain

陸のメインディッシュ

f:id:yumainaura:20170521055546j:plain

f:id:yumainaura:20170521055719j:plain

デザート

f:id:yumainaura:20170521061359j:plain

味わう技術

料理を「味わうこと」には、実は技術が要求される。
たとえば、クラシック音楽の鑑賞に技術が要求されるのと同じだ。

ヨーロッパの美食は「食べる側の、味わう技術」に対して挑戦してくる。

  • 味わえば素晴らしい体験が出来る。
  • 味わわなければ貧相な体験に終わる。

味わうという努力をして、はじめて真価を理解することが出来る。

メッセージのやり取り

ヨーロッパの美食の好きなところは、そこだ。

料理がこちらにメッセージを投げかけてくる。
こちらは、それを受け取るために感覚を研ぎ澄ませる。時にはこちらから問いかける。

そして「なるほど、そういうことか」と理解する。

  • 料理と舌(ならびに他多くの感覚)とのコミュニケーション
  • 料理人とお客さんとのコミュニケーション

が存在する。

料理と人間の関係

美食の世界では、料理と人間が、対等な関係にある。

  • 「人間が料理を食べてやっている」
  • 「料理が人間に提供されている」

という上下関係や慢心は、ここにはない。

食事は体験

僕はこの日「これこそ食事というものだ」と思った。
今までの人生で、最も体験的な食事だったと思う。

1秒ごとに作り出される情報を、どれだけ多くキャッチできるか。
どれだけ食事という時間を、体験的なものに出来るか。

解像度は高ければ高いほど良い。

と言ってもガチガチになって頑張るわけじゃない。 あくまでもリラックスしながら、優しく、だけど途切れなく、料理とのコミュニケーションを続けるのだ。

トーリーの手順

  • 皿に盛り付けられた最小限のソースと、組み合わせによって変わる味わい
  • スパークリングワインの泡が登っていく光景
  • グラスを持った時の手の冷たさ
  • ナイフとフォークを使う手の動き
  • 料理を取り分けて、目の近くまで持ってくる時の
  • 目を楽しませた後で、最適なタイミングで口に運ぶ
  • 口の中に料理を含みながら、

1秒も無駄にしたいと思う時間はない。

これらの順序の全てが、食事というストーリーであり、体験なのだ。

ところで写真には「体験」まで封じ込めることが出来ない。
こればかりは、自分で味わってみるしかない。

後半

だが後半になると、やや注意力が落ちてくる。 舌が味わうことを諦めようとしてくる。

だが、そこで投げやりにならず、最後の最後まで繊細に味わいながら、食事を終える。

それがきっと、料理を味わうということだ。

周りの環境

そして周りの環境は、食事という体験をさらに解像度が高く、質の高いものにしてくれる。

  • レストランの外観、内観、目に見えるもの
  • ちょうど良い音量で流れる音楽
  • 景色、窓から差し込んでくる光
  • スタッフの人のはからい
  • 料理が出されるタイミング

このレストランでは「食事という体験」を重視してくれているなと感じた。

ごちそうさまでした。

帰り道

f:id:yumainaura:20170521060510j:plain

料理長の太田裕さん

ならびにスタッフの方々。

(直接はお話していませんが) ありがとうございました。

f:id:yumainaura:20170521060919p:plain

( 公式サイトより )

追記 - コース料理の良さ

コース料理の良さとは何か。
それは集中力を目の前の一皿に注ぎ込めるということだ。

僕らの目の前には、常に一皿しか存在しない。
だから、その一皿を愛することだけを考えれば良い。

たとえばすべての料理が、いちどに目の前に並べられたとしよう。

すると人間は、それを味わいながら食べることなど出来ない。
注意力は散漫になり、きっとコース料理を食べるときよりも、2倍以上のスピードで、1/2以下の集中力で平らげてしまうことだろう。

提供の方法によって、人間の行動は変わり、料理の味わい方も変わる。
フルコース料理は人間の集中力を最大限に引き出す提供方法だ。

鴨頭嘉人『人前で話す極意』講演会に行ってきた

はしがき。

f:id:yumainaura:20170518064722p:plain

普段セミナーや講演会は行かないんだけど、 話し方って、文字情報では特に伝わりにくいジャンルだと思って、行ってみた。

値段

2000円で参加できた。

本がついてくるので、実質500円ぐらい。

しかも、全身全霊をかけた、人生に影響しそうなものすごい内容だった。 圧倒的。

プレゼントの交換

  • 人の話を聞くことはプレゼント
  • 人に話をすることはプレゼント
  • 笑顔はプレゼント
  • 人は常にプレゼントの交換をしあっている

これは強力で、いちばん重要なメッセージだと思った。

コミュニケーションってそもそも何が大事なのか。 ひとりで考え続けたら、この答えが出るのに30年はかかったかもしれない。

その答えをショートカットで教えてくれたような気がした。

もっとも重要なボディランゲージは何だと思いますか?

「それは顔です」

なるほど。納得。

僕らは人の反応が薄かったり、冗談がウケなかったりするとき、 「どの言葉が悪かったんだろう?」なんて考えたりするけど、実は言葉ではなくて、顔でコミュニケーションしているんだな。

ただ、自分で自分の顔だけは、ふだん見えない。
だからものすごい死角になっている。

顔が発しているコミュニケーションの情報量はものすごく大きい。

最近の話

この講演と直接は関係がないが。

僕はもともと、人の表情を読むことがとても苦手だ。
ずっと昔は人の顔を覚えるのも苦手で、まったく別の人を同一人物だと思いこんだりしていたぐらいだ。

だけど最近、人と話す時に、顔がよく見えるようになってきた。
そして自分が今まで、どれだけ人の表情を見逃していたかも実感した。(こんなに面白いものを)

どんな表情をして話しているか、誰がどんな無意識の情報の交換をしているか。
そういうことが情報として飛び込んでくるようになった。

( でも、もし見えない100の情報が飛び交っているとしたら、今見えているのは5か3ぐらいだという気がする )

スターバックスの椅子はギシギシと鳴らない

飲食店で、椅子を動かす時の「ギギギ」という音が好きじゃない。
黒板を引っかいたような感じになる。

こんなの「滑り止め君」みたいなのを脚の底に付ければ解決だと思うんだけど、たぶん「音の問題」は、店舗設計者の多くには、まるで意識されていないんだろう。

だけど僕がよく行くスターバックスの椅子は、ほとんど鳴らない。

「音の大事さを分かってくれている」と思って、嬉しくなる。

f:id:yumainaura:20170518084813p:plain

人の道も行いも神は見ている (聖書より)

「ここにゴミを捨てるな」って意味だと思った。

f:id:yumainaura:20170516000227p:plain

海外のブックデザインが日本よりダサい理由が分からない

こんな記事があったが、書籍のカバーは海外より日本の方がデザインが優れている気がする。

www.ogura.blog

( 日本の映画ポスターがダサい理由は映画代が高いから - 小倉さんは考えた )

海外版のブックカバーを見ると「えっ、なんでこのデザイン?」って思うことが多い。

海外ではあまりデザインにお金をかけてないんだろうか。

なんでなんだろう。

ハリーポッターと賢者の石

日本版

f:id:yumainaura:20170515220240p:plain

オリジナル

f:id:yumainaura:20170515220043p:plain

あなたの知らない脳

日本版

f:id:yumainaura:20170515221154p:plain

オリジナル

f:id:yumainaura:20170515221431p:plain

GO WILD

日本版

f:id:yumainaura:20170515220738p:plain

オリジナル

f:id:yumainaura:20170515220744p:plain

誰かを思い浮かべながらブログを書く

僕はブログを書いている。

これはもう3ヶ月ぐらいはまっている趣味なんだけど、 こまめに続けていると、いろいろな発見がある。

今日思ったのは、こんなこと。

妹を思い浮かべながら書く

今日僕は、妹のことを思い浮かべながら、ブログを書いてみた。
「もし妹に伝えるなら、どんな表現をするだろう」ってイメージしながら。

そうすると、内容はけっこう、いつもとは変わったものになることが分かった。

選ぶ文章も違うし、説明の仕方も違ってくる。

「こんな言い方じゃ、伝わらないな」とか。
「そもそも説明が抜けているよな」
ということが頭に浮かぶようになった。

今まで「自分の文章は分りやすい」と思っていたのは、ただの思いこみだっただな、って気付いたんだ。

「自分に分りやすい」と「人に分りやすい」の違い

人間というのはつい、自分に分りやすい言い方で、人に話をしてしまうものだと思う。
それが初期設定になっているんだ。

それで自分で「この伝え方は、人にも分りやすいだろう」って思い込んでいるんだけど。

何が分りやすい伝え方かっていうのは、伝える相手によって変わってくるものなんだよね。

言ってみれば、当たり前の話だけど。

ええっと

ブログを書いていると、すぐ混乱してしまうんだけど、 何が言いたかったかっていうと、これは別に「人に分りやすい伝え方をしよう」っていう話じゃなくて。

誰に伝えるかによって、伝え方って全く変わってくるんだなって。

たとえば料理の味付けでも、色々なバリエーションがあるみたいに、人への伝え方も、色んな味付けが出来る。
そういう発見をしたよっていう話なんだ。

まあ、雑談だよね。

脳の体操

あと気付いたのは、これはけっこう、頭を使うから、面白い。
自分がいつも使っている言葉とか、説明の癖を、いったんリセットする必要があるから。

普段使っていない脳を使ってる感じがした。

ところで

たとえば音楽の作曲でも、 誰でもない誰かに向けて曲を書くよりも、誰かひとりの人を思い浮かべながら書くほうが、ずっと人に伝わる曲になるらしい。

作曲家の中には、人生でずっと、すべての作品で、たったひとりの人を思い浮かべながら曲を書いた人もいるっていうぐらい。

たとえば「涙そうそう」は、たったひとりのお兄さんを思い浮かべて書かれた曲らしいしね。