いなうらゆうま yUmaiNaURA

kanji is 稲浦悠馬 という 記号の記録 らしい

持ち歩く電子端末がライフスタイルを変える

どんな端末を持ち歩くかは究極の課題だ。

 

katsumakazuyo.hatenablog.com

 

僕は普段 iPad Mini 4を持ち歩いている。

主にKindleでの読書用に。

 

「読書用にiPad miniを持ち歩く」というと、単純な話に聞こえるが、これがなかなか奥深い。

 

なぜなら、

「いつでも、どこでも好きな場所で本が読める」

ただこれだけのことで、ライフスタイルは一変する。

読書をする機会がものすごく増えるからだ。

 

人は手軽にできることを、ついやってしまう生き物だ。

ひとつの行動を選ぶということは、他全ての競合を押しのけて、それを選ぶとうことでもある。

なので、つい手が届いてしまうところに、いつでも iPad mini があるということは、意志の力なくして、つい読書をしてしまうということだ。

そして読書をする機会が増えるということは、人生が少しずつ変わっていくということでもある。

 

ところで iPad mini 4の良いところは、3とは違って指紋認証が使えるところ。

「パスコードロックを解除する」という一手間だけで、読書の回数は圧倒的に減ってしまう。

 だから指紋認証の重要度は高い。

 

iPad mini 3 を使っていた時、なかなか読書にのめり込めなかったのは、電子書籍が物足りないのではなく,恐らくこの「パスコードロック」のせいだった。

パスコードロックのせいで、読書は習慣ではなく、たまに思い出した時にの気まぐれにまで堕してしまっていた。

つまりこれは、iPad mini 3 と iPad mini 4の違いによって、ライフスタイル、ひいては人生まで変わってくるということだ。

 

なおかつ iPad mini は頑丈なケースに入れているのだが、これは一枚岩のタイプ。

これが「パタン」と閉じるタイプのケースじゃないのは、これも手軽さを重視してのことだ。

「パタン」と開くという一手間によって、読書との距離は圧倒的に開いてしまう。

その1アクションは些細な事に思えるかもしれないが、何百回、何千回と繰り返すことを考えれば、その影響は甚大だ。

 

Mac Book Air

ところで最近は、また Mac Bookを持き始めても良いかなと思っている。

カフェでブログを書いたり、仕事の勉強をするために。

 

ただデメリットも幾つかある。

 

  • 「そもそも重い」(遠くまで歩いていけなくなる)
  • 「入力端末を持ち歩くことで、意識が端末に引きずられる」(日常のクオリティが下がる)
  • 「ブログを書くと脳がヒートアップして、ゆっくりとした気分が壊れる」
  • 「持ち歩いても、何もテーマが浮かんでこない時もある」

 

というようなことを思って、持ち歩くのをやめていたのだが、以前とはちょっと事情が違う。

 

  • 靴をRED WINGからミニマリストシューズに変えて、身軽になっている
  • スマホを持ち歩かない」「持ち歩く時も電源を切る」など、スマホ断ちを習慣にしているおかげで、電子機器に意識を奪われにくくなっている。
  • ブログを書いた後にノートを閉じたり、瞑想したり、運動したりする「デタッチメント=切り離し」の技術が向上している。

 

今なら、前よりもうまくノートと付き合えるんじゃないかと思っている。

ただ重いのだけは確か。iPad Mini と一緒に持ち歩くと、あまりシンプルなスタイルでもない。

かといって Mac Book の Kindle アプリはうまく「アンダーライン」を引くことさえできないので、読書はなかなか難しい。

入力端末で読書をすると、ついネットサーフィンをしてしまいそうだし。

 

本当であれば、あと半分ぐらいは軽いMacBookが発明されたら良いのだけど。

 

f:id:yumainaura:20180123081711p:plain

 

ところでこの記事は行きつけのスターバックスMacBook Airを使って書いた。

 

エネルギーが溢れている時に、カフェでブログを書くのは好きだ。

なかなか良い時間だったと思う。