いなうらゆうま yUmaiNaURA

kanji is 稲浦悠馬 という 記号の記録 らしい

1年ぶりに訪れたBAR

久しぶりだった。

1年前にはちょくちょく顔を見せていた場所。

 

当たり前だが、スターバックスよりはずっと騒々しい店だ。

 

最近、またこの店に来たいと思いながらずっと二の足を踏んでいた。

店の前まで来ては「今日ではない」と踵を返したり。

店のことを思い浮かべながら「でも、行ったら行ったで虚しい気持ちになるかもな」なんてことを考えていた

 

だが遂に、今日は扉を開いた。

 

店に入った瞬間に「ああ、懐かしいな」という感覚を覚えた。

「ああ、嫌だな」と思う可能性の方がずっと高いと思っていたのだけれど。

 

いつも頼んでいた「王道ハイボール」を頼む。

すっかりお酒も弱くなって、1杯を飲むのに2時間かかった。なんとも経済的だ。

 

こういう場所で一番の危険は、人がたくさん増えてきて、「ひとりきりの孤独」を感じてしまうこと。

そうすると、もう来たくないという感想になってしまうだろう。

 

なので、17時頃に店に入って、店が混み始める前に帰った。

 

ある時は心地良く、ある時は心地悪い。

その両方の感覚を味わいながら、大げさに言うのならば、生きている感覚を噛み締めていた。

 

お酒を飲む時はついつい飲みすぎてしまうものだけれど、

自分が飲み過ぎだと思う25%ぐらいのレベルで止めておくと、酔っているような、酔っていないような、その境界線を行き来する、ふわっとした感覚を味わうことが出来る。

 

お酒を飲む技術というのは、この酔い具合を本当に節度のある、適度なレベルに漂わせておく技術なのだ。きっと。

 

f:id:yumainaura:20170910194449p:plain

 

1年前とは店内も変わっていて、前はただ通りにくかった店の隅に、シャレたカウンターが置かれていたりした。

 

f:id:yumainaura:20170910195009p:plain