いなうらゆうま yUmaiNaURA

kanji is 稲浦悠馬 という 記号の記録 らしい

騎士団長殺し 読了 2017.06.13

美味い食事を食べ終わる時が切ないように、

面白い物語を読み終わる時も切ない。

 

あと一口食べたくなるし、あと1ページ読みたくなる。

小説はいくら摂取してもカロリーにならないのが良い。

 

約1ヶ月ほど、ブックカフェに通い続けて読み終えた。

( 本代は払ってないけれど、お茶代はたくさん払った。そのあたりの勘定は、コーヒー店と本屋でいい塩梅にやってほしい )

 

紙の本と電子書籍の一番の違いは

「手に持って、あとどれぐらいのページが残っているのか、重さで分かるか分からないか」かもしれない。

 

何かが起きているようで、何も起きていない、でも何かが起きているような物語。

サスペンスでもない、ミステリーでもない、謎解きがあるようでない、こんなに掴みどころのない小説がベストセラーになるのは、なんて素晴らしいんだろう。

 

解説サイトや、他の人の感想は読まずに過ごしたい。

それとも誘惑に負けて、この小説を読んだ体験を濁してみようか。

 

 

f:id:yumainaura:20170613211214p:plain

 

この小説について文章で語れるほど、僕には語彙がない。

だけどたぶん、脳は文章の隙間から、物語のニュアンスを感じていた。

 

言葉にならない部分が一番美味しい。

それが小説というものかもしれない。