Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

有給を売却したい

法律的にダメっぽいのは分かっている。 社会全体的にも悪いんじゃないか、ということは考えた。

だからこれはただの、個人的な気持ちだ。

僕が有給を取らない理由

いまのところ、僕はあまりあまり有給を取る機会がない。 その一番の動機は、生活で一定のペースを保ちたいということだ。

人間というのは、一定の習慣を保ったほうが、バイオリズムを保ちやすいものだと思う。

  • 夜は決まった時間に寝て、朝は決まった時間に起きる。
  • 毎日同じぐらいのカロリーで、同じぐらいのタイミングで、栄養のある食事をとる。
  • 週に5日働いて、2日は休む。

これは一見退屈に思えるかもしれないが、実はとても合理的なやり方だ。

バイオリズム

たとえば、夜勤と昼勤がアンバランスに入れ替わる仕事は、特にしんどいと聞く。 これはバイオリズム的に、人間が一定のリズムを保てないからだろう。

それと同じように「平日」と「休日」のバランスも、一定であったほうが、人間の生活には好ましいと、僕は考える。

なので僕は、3連休は好きじゃない。 ゴールデンウィークは憂鬱だ。 休日が長ければ長いほど、休日明けにペースを取り戻すのが大変だ。

週に5:2のバランスが崩れることで、自分でそれをカバーしなければいけない。

余る有給

なので有給はぜひとも、買い取ってもらいたい。

会社に売却するでも、国に売却するでも、同僚に売却するでもいい。 街角の金券ショップで買い取ってくれないだろうか。1割引でも2割引でも良い。

世の中の多くの「価値」は換金できる。 Tポイントだって現金化出来る。 だが有給は換金できない。

有給だって「価値」のはずだろう。

ジレンマ

ちなみに当たり前だが、僕らには「有給を使わない自由」もある。(たぶん) だからその自由を行使することだって出来る。

だけど有給が売約できない以上、それは実質的に、有給分の価値をみずから捨てるという個人的な決断が必要だ。

  • 個人の生活においては、有給を使わない方が得をする
  • 価値の面においては、有給を使った方が得をする

ジレンマである。

ものすごく悔しくはないけれど、 「なんとなく、もったいないな」という感覚はある。

まとめ

有給を買い取ってほしい。