Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Yuma Inaura 稲浦悠馬 | とりとめもないこと

愛すべき Mac Book Air に捧ぐ

iPad の絵描きで脳の使い方が変わりそうな話

memopad というアプリで、よく絵を描くようになった。

f:id:yumainaura:20170402082222p:plain

変化1. 物事の理解がしやすくなった

「この物事を絵にするなら、どんな形になるだろう?」と、よく考えるようになった。 文章をいくら並べても理解しづらい事柄が、理解しやすくなった。

変化2. 考え方がシンプルになった

物事を適切な絵にするためには、シンプルな形に落とし込まなければいけない。 なので必然的に、結論もシンプルな形に落ち着くことが多くなった。

変化3. 考え方の習慣が変わった

お絵かきをしていない時にも、自然に絵的な考え方が浮かぶようになった。

僕はもともと文章が好きなので、今までは特に「文章的・平面的な考え方」をしてきた気がするのだけど、また新しいカードが増えたような感じがする。

結論

アプリは習慣を変える。(時には脳の使い方も)