Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

すべての映画を1時間1000円に縮めてほしい

映画って長くない?

どんなに短い映画でも、だいたい90分はある。 本編開始前の広告も入れたら100分は超える。 みんな、よくそんなに長い時間、周りもギューギュー詰めで、暗い場所の中、姿勢も変えずに過ごせるなと思う。 ポップコーンを食べるにも、ドリンクを飲むのにも音に気を遣う。 映画を2時間も3時間も観られる人は、すごい。すごい集中力だ。

最近の映画はエピローグが多い。 たぶん視聴者の心を満たすために。 僕たち「その後はどうなったの!?」という飢餓感を少しでも減らすために。

だけど長すぎる。 エピローグのエピローグのエピローグのエピローグみたいな奴もある。 物語がようやく終わったかと思いきや「まだ続くのかよ!」と思って冷めてしまう。 ストーリーの佳境はとっくに過ぎ去ったのに。消化試合か。

僕はそんなに長く観ていたくない。 だいたい1時間が過ぎた頃には満足してしまう。

休日に、ほんのちょっと時間「映画を観る」という体験をして、素敵な時間を過ごしたいだけなんだ。

それに日本の映画は他の国より高いと言われる。 カフェで過ごせば500円。ランチをしても1000円。それでも「まずい店」なんてまずない。 映画は1800円を払って、2-3時間を拘束されて(あえて拘束されに行って)、なおかつ当たりハズレがある。 この金額のせいで「つまらないから、途中で席を立つ」ということがためらわれる。 (それにしても、自分も含め、映画の途中で帰る人がゼロなのには驚かされる。中にはつまらない映画もあるだろうに)

だから2時間1800円は高くて長い。 1時間1000円にしてくれたら、もっと気軽に通えるはずだ。 なんなら30分500円でも良い。