Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

思い出 | イヤホンとヘッドホンを勘違いしていた音楽専門店

どうでもいい話。

僕が中学生の頃の話。 地元で、音楽器具の専門店に行った時。

僕がイヤホンを指して「このイヤホンは。。」というと おっちゃんのベテラン店員さんが「これはヘッドホン」「あっちがイヤホンだよ」といって、別の方を指した。

僕は 『耳につけるほうがイヤホンで、頭につけるほうがヘッドホンの気がするけど。。。』 『「イヤー(耳)」と「ヘッド(頭)」って』 と思った。

だけど、おっちゃんはかたくなに「イヤホン」を「ヘッドホン」と。「ヘッドホン」を「イヤホン」というのだった。 なにしろ専門店の店員さんだ。間違っているはずがない。 納得がゆかなかったが、世の中、分かりにくいもあるものだという感覚で店を出た。

そして、大人になってからも、この経験がきっかけで、まだどちらがどちらか分からなくなることがあるのだった。 というより、今の瞬間でさえ、勘違いしているのは自分の方なんじゃないだろうか、とさえ思えてくる。

いまAmazonで「イヤホン」って検索したら、ちゃんと耳につける小さいやつが出てくるから、きっとだいじょうぶ。

あれはなんだったのだろう。

当時も相当「えっ?」って思った記憶があるから、 たぶん、きっと、僕の記憶違いではないはず。