Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

早起きのコツはイメージングだ

早起きのコツ。

「起きる時間」と「やりたいこと」とイメージする

寝る前に起きる時間を強くイメージすることは、昔からの伝統的な方法らしい。 単に「何時に起きる」だけじゃなくて「何をする」ところまで具体的に考えた方が良いだろう。 なぜなら、人間は動機があるときにはじめて意欲が湧くからだ。

逆に「早起きしても何もしたいことがない」なら、そもそも早起きする必要はない。 やりたいことがあるから早起きをするんだ。

たとえば僕の場合だと「明日は朝6時に起きて瞑想をして、ブログを書いて、本を読んで、仕事の勉強をして、最高の状態で家を出よう」とイメージしたら、早起きがしやすいだろう。 たとえば夜に「早起きのイメージ」のために5分使ったとしても、それで次の日に1時間早起きができれば良い。

これを習慣にする。

カーテンを開ける

朝に部屋に光が差し込むようにする。これはかなり効く。 あとは部屋の照明を、朝に自動でオンになる設定にする。(そういう機能がある場合)

あとは世の中には「光の目覚まし時計」というものも売られているらしい。

失敗しても良い

早起きに失敗しても、自分を責めないようにする。 「やり方が悪かったんだ」「イメージが弱かったんだ」「もっとよいやり方があるはず」と考えて、自分を責めずに次から改善する。

ちゃんと具体的な原因を考える。 「前の日にお酒を飲みすぎた」とか「夜にたくさんの食事をとった」とか。原因が仮定出来れば対策を考えることが出来る。

深い眠りをイメージする

ちゃんとした眠りをイメージして、睡眠の質を高めるように努める。

睡眠不足に怯えない

「睡眠不足への恐怖」はおそらく睡眠の質を下げる。 「少々睡眠が足りなくても死にはしない」と考える。 「自分はわりと短い睡眠時間で回復できる体質だ」と考えてみる。

瞑想しながら眠りにつく

自分の呼吸に注意を向けて、余計な考えが浮かぶたびに、呼吸に注意を戻するようにする。