Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Yuma Inaura 稲浦悠馬 | とりとめもないこと

愛すべき Mac Book Air に捧ぐ

コスト vs 状態 | 価値基準を変える | 洋服をちゃんとハンガーに掛ける習慣を身につけた

たったひとつのシンプルな方法で。

それは洋服をハンガーにかけようとする時に「面倒だけどちゃんとやろう」と考えるのではなくて「スッキリした状態と、スッキリしてない状態の、どちらが好き?」と自分に聞くようになったことだ。

いままの考え方はそもそも「手間」「コスト」にコミットしていた。 これからの考え方は「状態」「理想」にコミットするものだ。

つまり「面倒さ」という価値基準で、それを打ち消そうとするのではなく、まったく別の価値基準での考え方を採用した。 同じ価値基準を持ったまま戦い続けても、僕たちは必ず負ける。だからまずは価値基準を変えてしまうのが良い。

これは全ての習慣に適用できる考え方だと思う。 「コスト」ではなくて「状態」のことを考えよう。そして「状態Aと、状態B、どちらが好き?」と自分に問いかけてみよう。

たとえば、次のように。

  • 玄関の靴を並び替えるのが面倒くさい => スッキリした玄関と、ごちゃごちゃした玄関、どちらが好き?
  • ワークアウトが面倒くさい => 引き締まった体の自分と、ゆるんだ体の自分、どちらが好き?