Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

実用書を積読しない方法

いま自分が一番、問題に感じていることを、解決してくれそうな本を買う。 たとえば僕は今「優先順位の付け方」に問題を感じているから、それに関する本を買う。

自分の「関心」を100%の基準として本を選ぶ。 逆に「これ、今は興味がないけど、今後の役に立つだろうなあ」という本は、まず心に響かないし、まず何のプラスにもならない。 なぜなら、いま問題を感じていない事柄だから。

そして本を買ったら「ハズレ」があることも覚悟しておく。 だから1冊買ってまあまあだったら、他の本も2,3冊買ってみる。 1冊目が名著だと思っても、その情報を補完するために、他の本も買ってみる。

何か問題を感じたら、とりあえず本を買って読むクセをつける。