Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Yuma Inaura 稲浦悠馬 | とりとめもないこと

愛すべき Mac Book Air に捧ぐ

日本の商品開発における残念を見つけた時の話

日本に限らないかもしれないけど。 あと一歩なのに! ここが残念! 惜しい!

開発者に本気で問い合わせたい。 って思うことがたまにある。

たとえばこのヘアクリーム。気に入って使ってるんだけど。 コンビニで売ってるときは「ポップ」がくっついてる。

この写真は、それを手ではがしたあとのもの。 はがす前の写真が今ないけど、どうしても書きたくなったので書く。

というか隣にコンビニあるから、撮ってくる。

撮ってきた。

これ、ポップをはがすと、接着部分がとてもベタベタする。 なので毎回毎回、指でそのベタベタをはがさなければいけないのだ、

この商品って「こじゃれてる」感がそもそものテーマだと思うんだけど。 すたいりっしゅさが前面にPRされてると思うんだけど。

ポップをはがすとベタベタして。 それを毎回はがすという行為が。まったくすたいりっしゅではない。

なぜ、ユーザーに毎回、このベタベタをはがさせるのか。 なぜ、すたいりっしゅさがテーマの商品で、その真逆を行くような作りになっているのか。

ベタベタしないシールにすることはそんなに難しかったのか。 やむおえぬ事情でこうなっているのか。 それともそもそも考えていないのか。いやまさか。そんなわけはない。

たとえ商品の値段が10円高くなったとしても。 商品そのもののテーマが覆されるよりは、ほれを守って方が良いんじゃないか。

少なくとも僕は10円、20円は高くても、ベタベタしてない方を買う。

じゃあサポートに問い合わせれば良いじゃん、って思うかもしれないけど。 開発の生の声が返ってくるとはとても思わない。

ああ問い合わせたい。問い合わせたい。