Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Yuma Inaura 稲浦悠馬 | とりとめもないこと

愛すべき Mac Book Air に捧ぐ

実名でプライベートな情報をネットに書いたほうが、死亡率が下がるのではないだろうかという仮説。

を夜歩きながら思いついた。 検証とかまったくしてません。しようがないし。

長期的に考えたとき。

  1. 実名を出す。
  2. 「実名を出しても大丈夫な行動」を心がけるようになる。
  3. 他の人から恨みを買うことが減る。
  4. 長生きする。

実は危険度を上げるのではなくて、下げる可能性もあるんじゃないかという話。

他にも。

  • ソーシャルでのネットワークが出来て、何かあったとき、助けてもらえる可能性が少しだけ高まる。(社会的孤立は死につながる)
  • 誰かがネット上で嫌がらせをしようと思っても、自分が長く使い続けている「実名アカウント」があれば。おそらくそれはGoogleの1位にヒットする。
  • 嫌がらせの影響力は相対的に弱くなる。
  • 嫌がらせ側がホラを吹いても、メインのアカウントで「反論」することができる。

いかがでしょうか。