Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

日常

スターバックスのホットドリップコーヒー・グランデ・ホイップ乗せ

僕らは日々、無数の選択をおこなっている 僕はスターバックスのホットドリップコーヒー・グランデ・ホイップ乗せを注文する。 これだけでもう、5つの選択をしたということになる。 スターバックス (店舗の選択) ホット (タイプの選択) ドリップコーヒー (種…

そしてクチャラーは気付かない ( 聴覚情報の地位の低さ )

午後。静かなカフェ。 左端の席に、クチャラーが座った。 僕から彼までの距離は2メートルはある。 だが彼の咀嚼音は、僕の左耳に聞こえるぐらいに響き渡っている。 カフェはこんなに静かで素敵なのに。 いや、静かであるからこそ、クチャラーの音はこの場所…

時間を忘れて夢中になる具体的な訓練

時間を忘れている感覚、というのはとても心地良い。 一般的には「無我夢中」と言っても良い状態。 だが、それとはちょっとだけ違う。 「無我夢中」という熱いイメージがあるけど、別に熱くなる必要はない。 いまじんおーるざぴーぷる。 たとえばとても暖かい…

同じ赤色の自転車が並んでいた道

同じような形。同じような向きで。 (自転車感度が高い人にとっては、まったく違う自転車に見えるだろう) この前を通りかかった時、右の自転車は、いままさにそこに留められたばかりだった。 そして、左の片方の自転車が、風で倒れるのを僕は見た。 それを…

新しいタブと虫

昨日の朝、ノートを開くと、虫がいた 彼は画面の上に登っていった Skypeのアイコンの上で止まった。 惜しい。もう少しだけ左に来れば、新しいアプリのアイコンみたいになったのに。(大きさもちょうど良いし) それだけ。以上。